DT-640


 
DSC7607.jpg
18歳になったばかりの清楚系の女子高生がカットモデルにやってきました。
 
いつもだと51hairのオーナーさんが間に入って通訳してくれるのですがこの日は用事がありカット中は不在になります。

オーナーさんが出かける前に「いつものように刈り上げベリーショートにして良いのか?」と聞きましたが、

「多分大丈夫だろう。様子を見ながら少しずつ短くすれば良いんじゃないかなぁ」

と無責任な返事。要するに打ち合わせしてないのです。

つまり彼女はどんな髪型にされるか知らないのです。

カットモデルに行ったら言葉の通じない外人におまかせでカットしてもらうことになったのです。

オーナーさんは外出してしまい、そしてカットが始まりました。

女子高生は「あまり短くしないでください」と言いましたが、これはカットモデルさん共通の挨拶だと思っています。

その言葉を無視してというか分からないふりしていつものように左側の耳上の髪を掴みました。

_DSC7660.jpg
ここで切ってしまえば耳だしベリーショート確定です。
z_DSC7666.jpg
彼女はこのラインで切るとは思っていなかったようでハサミを取り出しても余裕の表情でしたが、本当にバッサリ切られて一瞬何が起こったか分からない様子でした。

ただ、一発目切られたときはまだ笑顔がありました。

これはきっとデザイン的にここだけ短いのだろうと思い込もうとしていたのかも知れません。

しかし、二発目、三発目を切られるとようやく「これはものすごく短く切られている」ということが分かったようで急に不機嫌になりました。

最初は清楚系かと思っていましたが実は気が強そうなJKで、シールかも知れませんがタトゥーのようなものも2か所ありました。

とにかく不機嫌になってしまい気まずい空気になりましたが耳は丸出しなのでベリーショートにするしかありません。

刈り上げは止めようかと思いましたが、どうせ怒られるんだろうなぁと思い、だったら刈り上げることにしました。

最初はハサミで短く切り最後にバリカンで刈り上げました。

彼女はまさかこんなに短くなるとは思っていなかったので一瞬泣きそうになりましたが怒りモードに突入したようでスマホを取り出しチャットで文句を散々伝えた挙句、それだけでは気が済まなかったのかカット中なのに電話も始めました。

「マジ最低~、勝手にもの凄く切られた~」

とでも言っていたのでしょう。
z_DSC7743.jpg
気にしないでカットを続けていたら彼女はケープを自分で剥がし

「もう止めて」

と立ち上がってしまいました。 仕上げにもう少し短くしたかったのですがこれ以上は無理そうなので強制終了です。

カット後は癖なのか何度も耳に髪を掛ける仕草をしていたのが印象的でした。

その度に「髪が無い」と思ったのでしょう。
DSC7748.jpg 

でもとてもショートが似合うと思います。 一見清楚系で気が強いなんてモテるのでしょうね。


当然カット後にオーナーさんに文句の電話を掛けたそうですが、オーナーさんも慣れたもので特にトラブルにはならなかったようです。






DT-640 ダウンロード販売 4,320円 (JPY4320)


コメント

コメントを残す

Secret


カウンター

広告

最新記事

広 告


****************************************
****************************************

****************************************
****************************************

プロフィール

TKB51

Author:TKB51
51hairの代理人です。
上海で断髪ビデオを作っています。

QRコード

QR